不登校の子を持つ親の悩み | 私って毒親だったの?!

「不登校」「毒親」この言葉を耳にしたとき、胸が締め付けられる思いをしませんでしたか?子どもの不登校に直面したとき、自分の親としてのあり方に疑問を感じるのは、決して珍しいことではありません。

学校に行けない我が子をみて「私の何かが間違っているのでは?」「もしかして私って毒親なの?」と悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。しかし、そんな不安や罪悪感こそが、良い親の証かもしれません。

この記事では、不登校の子を持つ親の悩みに寄り添いながら「毒親」の概念を紐解き、良好な親子関係を築くためのヒントをお伝えします。ぜひ、参考にしてくださいね!

目次

不登校の「毒親」について

「毒親」という言葉を聞くと、多くの親御さんは不快に思ったり不安を感じたりするかもしれません。しかし、この言葉の本質を理解できれば、より良い親子関係を築くきっかけになるでしょう。

ここでは、「毒親」の定義と特徴、無意識の「毒親」行動、そしてそれらが生まれる背景についてくわしく解説します。

「毒親」とは?

「毒親」とは、お子さんの心身の健全な成長を妨げるような言動や態度を取る親御さんを指します。ただし、これは意図的にお子さんに害を与えようとしているわけではありません。

多くの場合、親御さんのお子さんに対する愛情表現が違った方へ向いた結果です。毒親の特徴は、以下が挙げられます。

  1. 過干渉:お子さんの生活のあらゆる面に口を出し、自主性を奪う
  2. 過度な期待:高い期待をかけ、それを満たせないと批判する
  3. 感情の不安定:怒りや不満を頻繁にお子さんにぶつける
  4. 無視や否定:お子さんの感情や意見を軽視したり、無視したりする
  5. 条件付きの愛情:お子さんの行動や成績によって愛情の度合いを変える
  6. 罪悪感の植え付け:自分の不幸や問題の原因をお子さんのせいにする
  7. 支配的な態度:お子さんの人生を自分の思い通りにしようとする

これらの特徴は、お子さんの自尊心や自己肯定感を低下させ心理的な問題を引き起こす可能性があります。

無意識の「毒親」行動チェックリスト

多くの親御さんは、自分が「毒親」的な行動を取っていると気づいていません。以下のチェックリストを通じて、自分の行動を振り返ってみましょう。

  • お子さんの失敗を厳しく批判する
  • お子さんの気持ちより、まわりの目を気にする
  • お子さんの趣味や興味を否定的にとらえる
  • お子さんの友人関係に過度に干渉する
  • お子さんの成績や成果に過剰に反応する
  • お子さんの服装や外見を頻繁に指摘する
  • お子さんの将来について自分の希望を押し付ける
  • お子さんの意見を聞かずに決定を下す
  • お子さんの前で配偶者やほかの家族を批判する
  • お子さんの成功を自分の手柄のように話す
  • お子さんの失敗を長期間にわたって責める
  • お子さんの努力より結果だけを重視する
  • お子さんの感情表現を抑制しようとする
  • お子さんの言動をほかの子と頻繁に比較する
  • お子さんのプライバシーを尊重しない

このリストの項目にいくつか当てはまるからといって、即座に「毒親」だと判断する必要はありません。しかし、自分の行動を客観的に見つめ直し、改善できるところを見つけてみてはどうでしょうか。

「毒親」行動が生まれる背景

毒親的な行動をしてしまう背景には、以下のようにさまざまな要因があります。

要因
世代間連鎖       ・厳しいしつけを受けて育った親御さんが、同じように厳しい態度でお子さんに接してしまう
社会的プレッシャー・お子さんの「成功」に過度にフォーカスしてしまう
・良い学校、良い会社に入るのが幸せの条件だと信じている
自己実現の代替・自分が果たせなかった夢や目標をお子さんに託してしまう
・親御さん自身の願望や後悔に過度な期待を寄せてしまう
不安やストレス・親御さん自身が抱える不安などのネガティブな感情をコントロールできず、お子さんにぶつけている
愛情表現の誤解・厳しくするのが愛情だと誤解している
・「子どものため」と過干渉や過度な管理をしてしまう
知識や経験の不足・子育ての正しい知識や経験が不足している
・年齢不相応な要求や能力を過小評価してしまう
完璧主義・「良い親」でありたい願望が強過ぎる
・失敗を許容できない
社会的背景・厳格な躾や親の絶対的な権威を美徳とする価値観を持つ

これらの背景を理解できれば「なぜ自分がそのような行動を取ってしまうのか?」その根本的な原因に気付きます必ずしも、完璧な親になる必要はありません。しかし、毒親的行動の背景を理解し自分の行動を改善しようとする姿勢が、より良い親子関係を築く第1歩となるのではないでしょうか。

不登校の親は毒親なの?

不登校の問題に直面したとき、多くの親御さんは自分を責め「私は毒親なのではないか」と不安になるでしょう。しかし、不登校の原因は複雑で、単純に親御さんの育て方だけが原因ではありません。

ここでは、親の言動が子どもに与える影響や、親自身のメンタルヘルスケアの重要性について解説します。

「私は良い親なのか?」

お子さんが不登校になると、多くの親御さんは自分の親としての資質を疑います。「どこで間違えたのかな…」「もっと何かできたはず…」と自責の念に駆られる親御さんも少なくありません。

しかし、このように自分の行動を振り返り改善点を見つけようとする姿勢は、むしろ良い親御さんといえるのではないでしょうか。誰もが最初から完璧な親ではありません。試行錯誤を重ねながら親も親として成長していくのです。

親の言動が子どもに与える影響

では、どのような親の態度が子どもを不登校にしてしまうのでしょうか。親御さんの言動が、お子さんの成長と発達に大きな影響を及ぼすのは確かです。なぜなら、親御さんの言葉遣いや態度は、お子さんの自己イメージ形成や自尊心の発達に直接的に作用するからです。

例えば、励ましの言葉は自信を育む一方で、批判的な言葉は自尊心を傷つける可能性があります。また、親御さんの不安や焦りといった感情はお子さんに伝わり、家庭の雰囲気全体を左右します。

さらに、親御さんのコミュニケーションスタイルや問題解決のアプローチは、お子さんの社会的スキルや対処能力の発達に大きく影響するでしょう。一方的な説教ではなく、共感的な傾聴と対話を重視すれば、お子さんの自己表現力や問題解決能力を育むことができます。

不登校の状況下では、お子さんとの関わり方を見直す必要があります適切なサポートと理解に基づいた親子関係の構築が、不登校の改善とお子さんの健全な成長を促進する鍵となるでしょう。

親からの連鎖を断ち切る

親からの連鎖、つまり世代間で受け継がれる価値観を認識し、必要に応じて断ち切ることは、不登校の問題に直面している家族にとって重要です。世代間で受け継がれた連鎖を断ち切ることで、より健全で良好な家族関係を構築できるでしょう。

多くの親御さんは、自身が受けた養育を無意識のうちに受け継いで、自分の子どもにも同じような教育をしています。これが時として不適切な行動パターンやコミュニケーション方法を生み出し、お子さんとの関係に悪影響を及ぼしているのです。

例えば、必要以上に厳しい躾を受けて育った親御さんが、自分のお子さんに対しても同様の厳しさで接してしまう場合があります。しかし、この連鎖に気づき、今の時代に持つべき価値観ではないと納得できれば、お子さんの気持ちに寄り添い適切な接し方ができます。

親からの連鎖を断ち切る努力は、不登校の問題改善だけでなく、親御さん自身の生きづらさも改善できるでしょう。親御さん自身が不要な価値観を手放し自分らしく生きる姿を示すと、不登校のお子さんの自己否定感も和らいでいきます。

親自身のメンタルヘルスケアの重要性

不登校の問題に直面している親御さんが忘れてならないのは、自身のメンタルヘルスケアです。なぜなら、お子さんの不登校は親御さんが自分で思う以上に大きなストレスになっている場合が多いからです。親御さん自身の心の健康が維持できなければ、お子さんへの適切なサポートはできません。

 具体的なメンタルヘルスケアの方法として、以下のようなアプローチが挙げられます。

  1. 定期的な運動や瞑想など、自分にとってのストレス解消法を実践する
  2. 同じ悩みを持つ親御さん同士の交流会に参加し、経験や感情を共有する
  3. 専門家によるカウンセリングを受け、自身の不安や懸念に向き合う
  4. 十分な睡眠と栄養バランスの取れた食事で、身体的健康を維持する

親御さん自身のメンタルヘルスケアは、不登校の問題に対処するうえで欠かせません。子育てに関する悩みを1人で抱え込まず、必要に応じて周囲のサポートを積極的に求めてみてはどうでしょうか。単に不登校の問題を解決するだけでなく、家族全体の幸せにつながる大切な1歩になるでしょう。

まとめ | 私の中の毒親、さようなら

不登校は複雑な問題であり、単純に親の育て方だけが原因ではありません。しかし、親の言動はお子さんに大きな影響を与えるのは確かです。

自分が毒親的な行動をしていたと気づいたなら「なぜ自分はそのような言動をしたのか?」その背景を理解する姿勢が大切です。多くの場合は、世代間で受け継がれる価値観が、無意識のうちに「毒親」といわれる行動を引き起こしています。

お子さんの不登校で悩んでいる親御さんは、自身が執着している価値観を見直してください。今の時代に必要でない価値観であれば、手放してしまいましょう!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次